月別アーカイブ: 2013年11月

思い出は美化されていくものだから

私には同棲している彼氏がいます。とてもやさしい彼で、私を心から愛してくれています。
今の生活に不満があるわけじゃなく、彼氏のことも大切だって気持ちはあるんですが・・・
10年以上忘れられない人がいて、このままでいいのかって思いが消えません。

忘れられない人をAとします。Aと中学の同級生で、幼かった私が初めて本気で好きだって思えた人なんです。
仲がいい友だちでもあったので、学校の友人たちにはバレバレだったと後から知りましたが、当時の私は子どもだったので、
告白したらこの関係が壊れてしまうんじゃないか・・・だったらこのままがいい・・・って結局告白もできないまま卒業しました。
卒業後もふたりで遊んだり、Aはバイクに乗っていたので(今思えばやんちゃな男の子だった)後ろに乗せてもらったり、
普段からシャイなAでしたが今思えば一番お互い意識しあっていた頃だったように思います。

しかしその頃突然に親の引っ越しが決まり、高校生だった私に拒否権などあるはずもなく、泣く泣く離れ離れに。
結局そのときも自分の気持ちは言えないまま、未消化のまま離れることになってしまい、自分の中で何かが壊れてしまいました。
今振り返れば本当にバカだったと思えるんですが、当時の私は自暴自棄になって悲劇のヒロインに酔っていたんだと思います。
Aの連絡先を消去し、Aがいないならだれでも一緒。と誰とでも関係を重ねる女になっていました。

そんな腐った生活のまま何年か過ぎた頃、私も車の免許を取れる年齢になったことで地元に遊びに行くことが増えました。
Aとは引っ越して以来会うことはなく、私も携帯を失くしたりで連絡先をお互い知らない状態だったのもあって音信不通でした。
同級生なので友人に聞けば連絡を取ることはできましたが、またAを好きになるのが怖かったので、聞くこともありませんでした。

その後地元でたまたま再会し、連絡先を交換しましたが、Aが私にもうなんの気持ちもないことは態度でわかりました。私も女子大生で出会いが多いですし。
ああ 私だけが中学卒業のまま止まってるんだなぁと思ったら、このままじゃいけない、ちゃんと恋愛しよう。
前に進もうと思うことができて、それから紆余曲折はあったものの、やっと今の彼氏に出会いました。
胸が苦しいほどの恋情はないけれど、穏やかな安心感で私を包んでくれる人です。

でも、そろそろ結婚しようか という話になったとき、考えてしまったんです。
本当にこのひとでいいのか?苦しいくらいの恋愛をしてこそ幸せもあるんじゃないのか?
私はほんとうにAを吹っ切れているんだろうか?このひとに逃げただけなんじゃないか?

何よりこんな中途半端な気持ちでこのひとと一緒にいていいのだろうか?と。
彼は私を大切にしてくれるし、このひとと結婚するべきで、それが一番幸せになれる道だって、わかっているんです。
一年くらい悶々と悩み、私の中でひとつの答えを出しました。
私には彼を捨てることはできない。そんながむしゃらな恋ができるほどもう純粋には戻れない。
私はAを失う以上に、あんなふうに誰かを思えてた自分がいなくなったことが悲しかったんだなぁと。

もし誰かがこれを読んで、私のように忘れられない人がいるのなら、目の前の大切な人を失う前に、どうかもう一度思い出して欲しい。
あなたが辛かった時、そばにいてくれたのはだれですか?過去の人はけして自分を癒してはくれないことを。