アメニティの寄贈

後退の間にそれをしてみてください。
「個人を与えることは傾きました。
「基礎(それらは資金提供して、私たちを与える)はお金をなくしており、それらが過去に持っているものを与えることができません」とジムが言いました。

シカゴ(それらによる種類)で寄贈された品物を集めて、必要中のチャリティーにそれらを得ることを彼の使命にしました。
支援は避難所用の自由な化粧用品の形で起こりました。
さて毎月、トイレットペーパーの約200ポンドの寄贈されたシャンプー、コンディショナー、ローションおよび約1,000のロールを伝えます。

ジャドソンは、寄贈者とのこれらの関係を構築し、これらの製品を得て、次に、それらを私たちに持って来ます。
喜んで取材調査をすべてする人を持っていることは本質的に私たちのような作用を節約することです。
私はストレスに悩むことができません、彼はどれくらい非常に貴重か。

シカゴを横切った200を超えるチャリティーが援助のユニークな商標から利益を得ました。
2009年以来、彼は145,000ポンドの品物(100万ドル以上の価値があるために評価した)を集めました、によって、彼の、非営利的、ビンは寄贈しました。
その考えは単純です。
彼は、都市を横切って歯科医院およびホテル(人々は再使用可能な品物を置くことができる)のような住宅地区およびビジネスに、55ガロンのビンを置きます。
その後、すべての週末、彼は寄贈された内容を集めて、ボランティアの助けを借りてそれらをソートし、それらを必要とする地方の非営利団体に品物を配布します。
「人々がビンに達する場合、私は何が必要か正確に言う信号を持っています。

「私は研究を行いそれらが何を必要とするか知り、それを集めて、あるいは、私が持っているものを必要とする場所を見つけてください。」
ヒーローを知っていますか。
指名は、ハウスキーパーが各ゲストの滞在の終わりに遠方に投げつけなければならなかった、ハーフ空の化粧用品によって常に悩まされた、2013年のラッセル・アイエルマン(シカゴのドレーク・ホテルで家事をする管理者)にとって開いています。
彼は、来て、かつアイテムを拾い上げるためにグループを見つけようとしました。しかし、様々な理由で、それは出てきませんでした。

さて、アイエルマンのスタッフは、それらのカート上の使用されたアメニティーを集めて、その日の終わりにビンに寄贈された樽にそれらを入れます。

「のために(彼)実際にこれをとり、これを必要とする人にそれを与えることために、軽減である。」アイエルマンは言いました。
「私のスタッフがそれを支援していることを知ることはよい。また、人々が、それを遠方に単にトスする代わりに、それから利益を得るようになっています。」
ほとんどのチャリティーは部分的に中古品を受け取ることを気にかけません。
それは私たちのクライアントのための美学に関係していません。
「事態は、あなたが小売店に入り、店頭でそれを買えば、それらが見るほどきれいに見えないかもしれません。